よくあるご質問(FAQ)

魚惣菜シリーズは温めなくても食べられますか?

製品パッケージに貼付している表示シールの「使用方法」欄に「解凍してお召し上がりください」とある場合は、解凍後すぐにお召し上がりいただけますが、温めてからお召し上がりになりますと、美味しさが一層引き立ちます。

ただし、破損や火傷の原因となりますので、製品パッケージは湯煎しないでください。

電子レンジを使用してあたためる場合は、必ず袋から出して深めの耐熱性容器に移してから温めてください。

一度解凍した製品を再び凍らせても大丈夫ですか?

一度解凍した製品を家庭の冷凍庫で再び凍らせると、細胞内の水分が大きなかたまりになって凍ります。再凍結したとき、その氷が細胞を傷付けるので、エキスが流れ出たり食感が変わったりして味・品質・鮮度が落ちてしまいます。

加工した際の味や風味をお楽しみいただくために、再凍結はお避けください。

なお、一度解凍した製品は、未開封の状態で「賞味期限」「消費期限」まで美味しくお召し上がりいただけます。

「まるごと食べられる」とあるのに固い骨が出てきました。

「まるごと食べられる焼鮎」「鯛めしの素」は、「加熱加圧殺菌により骨まで柔らかくなるよう加工しておりますが、まれに原料の個体差によって固い骨がある場合があります。耳石や目の中の水晶体は、加圧加熱しても堅い場合がありますので、お手数ですが、その際は取り除いてからお召し上がりください。

加熱加圧殺菌とは、食材を気密性のある容器包装に入れて密封した後、100℃以上の高温で、大気圧以上の圧力をかけることで殺菌を行う方法です。

食物アレルギーがあります。

製品パッケージに貼付している表示シールに原材料を明記しておりますので、よくお読みいただいた上でお召し上がりください。

なお、原材料である鯛は、甲殻類(えび・かに)を捕食しますが、弊社では内臓を全て取り除いた原料を使用しております。

鯛の中から虫が出てきました。

焼鯛の口から、ごくまれに虫のようなものが出てくる場合があります。これは「タイノエ」という甲殻類です。ワラジムシやダンゴムシ、ダイオウグソクムシなどの仲間で、陸上や水中(淡水・海水)に生息し、アジ・タイ・サヨリ等に寄生します。

 

タイノエ自体に毒はなく、タイノエが入っていた魚もお召し上がりいただけます。

 

通常タイノエは寄生した生物が死ぬと離れるのですが、ごくまれに離れず、加工の際の検査を免れて食卓に上がってしまうことがあります。

弊社では充分注意して検査していますが、体内奥深い場所にいるタイノエは発見が難しく、ごくまれに出荷してしまうことがあります。その際は、お手数をおかけしますが取り除いてお召し上がりください。

「鯛の鯛(鯛中鯛)」とは何ですか?

奥倉辰行 著「水族写真(1857年)」より「鯛名所之図」
奥倉辰行 著「水族写真(1857年)」より「鯛名所之図」

「鯛の鯛」(たいのたい)とは、鯛の胸ビレとエラの間のあたりにある骨のことをいいます。

この骨は、肩甲骨(けんこうこつ)と烏口骨(うこうこつ)がつながった状態のもので、胸ビレを動かすときに使う骨です。骨に開いている穴は、胸ビレにつながる神経の通り道です。

鯛ではない魚にあるこの骨は、全て「鯛の鯛」と呼ばれます。アジならば「アジの『鯛の鯛』」、イワシならば「イワシの『鯛の鯛』」と呼びます。

 

江戸時代には「鯛中鯛」(たいちゅうのたい)と呼ばれ、「めでたい鯛の中にある鯛」ということで、縁起物やお守りとして珍重されたそうです。

この骨を持ち歩いていると、金運アップや厄除けの効果があるという言い伝えがあるそうです。

 

日本の有名人では、美空ひばりさんコンサートのステージ前に必ず楽屋で鯛の尾頭付きを食べて「鯛の鯛」を取り出し、懐に忍ばせてステージに立っていたのことです。焼いた鯛の中から「鯛の鯛」を取り出す慣わしがあったと、美空ひばりさんの息子である和也さんも著書の中に書いています。

オンラインショッピングは可能ですか?

現在、オンラインショップ開設に向けて準備中です。

従来よりお取引いただいているお客様にも、個人のお客様にも、ご満足いただけるようなオンラインショップを目指しております。

お客様にはご不便をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。開店の際は、どうぞよろしくお願い申し上げます。