いつでも食べ鯛!

飾りセット付き尾頭付き鯛でお祝い事を華やかに演出!
冷凍だからいつでも新鮮! お好きなときに焼き立ての旨さ
そのままでもアレンジしても 普段のおかずに美味しさプラス

『大水の焼鯛』ご購入に関するお問い合わせはこちらから

大水の焼鯛に関するお問い合わせは【フリーダイヤル】0120-56-0031 まで

月~金曜日 午前8:00~午後5:00

飾りセット付き尾頭付き鯛でお祝い事を華やかに演出!

お祝い事にはやはり「鯛」

「おめで鯛」という言葉があるように、日本人のお祝い事と鯛には切っても切れない深い結び付きがあります。

結婚や出産、お食い初めなど、人生の節目には「尾頭付き鯛」でお祝いすることが多いですね。

「尾頭付きの魚」は「頭から尾まで揃っている」ことから「ひとつのことを、最初から最後までまっとうする」という意味の縁起物とされています。 また、鯛」は他の魚に比べて長生きなことから「長寿の象徴」ともいわれています。

お好きなときに解凍して

大水の焼鯛は、独自開発の漬け込み液で下味をつけた後、遠赤外線焼成機で一気に焼き上げます。その後、専用袋に入れて真空パックし、旨味を逃がさないよう、急速冷凍してお届けします。

ご家庭の冷凍冷蔵庫で焼き立ての新鮮さを保つことができますので、大切なお祝い事のタイミングで解凍してお召し上がりいただけます。

 

1尾の大きさは、1~2名様でお召し上がりになるのに丁度いい300gサイズです。お膳に鯛が上るだけで、おめでたさも華やかさも格段に上がります。お食い初め、七五三、ひなまつり、端午の節句、入学進学卒業のお祝い、敬老の日など、人生の門出の祝い膳を、大水の焼鯛で華やかにご演出ください。

お食い初め、七五三、ひなまつり、端午の節句、入学進学卒業のお祝い、敬老の日など、人生の門出
※ 真空パック・冷凍便でお届けいたします。

『大水の焼鯛』ご購入に関するお問い合わせはこちらから

大水の焼鯛に関するお問い合わせは フリーダイヤル:0210-56-0031 まで

月~金曜日 午前8:00~午後5:00

冷凍だからいつでも新鮮! お好きなときに焼き立ての旨さ
大水の焼鯛

天然鯛は、食感が良く滋味豊かで姿も美しい

天然の鯛は海流にもまれて身が引き締まり、生はもちろん、焼いて食べても、弾力のある食感をお楽しみいただけます。エビやカニを食べて育つので滋味も豊かです。また、天然の鯛の尾ビレは美しいV字形をしています。お祝い事で「尾頭付き鯛」を使うとき、尾ビレまで美しいと気分が上がりますよね。大水の焼鯛は、弊社が長年取引している業者から仕入れる、確かな原料のみを使用しています。必ずやみなさまにご満足いただけると確信しております。

バキュームで内臓処理、ウロコも丁寧に除去

大水の焼鯛は、下味をつける前に丁寧な前処理をしています。内臓はバキューム機で除去した後、エラを包丁で取り除きながら1尾ずつ処理します。ウロコは専用の機械で除去した後、人の手で隅から隅まで丁寧に取り除いています。この手間があってこそ、焼き上がりが一層美味しくなるのです。

独自開発の漬け込み液が旨さの秘密

大水の焼鯛は、お召し上がりの直前に解凍していただくことを前提に、前処理・漬け込み液・焼成の全ての段階で独自の工夫をしています。「漬け込み液」では、素材の旨さを引き出しながら、鯛自身の水分が逃げないよう、配合を工夫しています。この配合は、弊社創業者が心血を注いで開発したものです。この漬け込み液にひと晩浸して、鯛に旨味と水分を閉じ込めます。

高温・短時間で焼成、しっとりサックリで美味

大水の焼鯛の焼成には「遠赤外焼成機」を使用して一気に焼き上げるので、品質にムラがありません身肉はしっとり柔らか、皮はサックリ香ばしく。解凍後も柔らかで、身肉をはがしやすく、鯛の風味を存分にお楽しみいただけます

真空包装と冷凍で、ご自宅でも保存が可能

大水の焼鯛は1尾ずつ弊社開発の専用袋で真空パックされているので、ご家庭の冷凍庫でコンパクトに保存できます。まとまった量を注文しても、冷凍状態で美味しさも新鮮さもそのまま保存できて、大変便利です。お祝い事以外にも、普段のおかずとして是非お召し上がりください。


美味しい解凍の仕方

①焼鯛を冷蔵庫で解凍

①開封せずに、冷蔵庫で解凍してください。解凍時間は長くても12時間以内にしてください。

②焼鯛を袋のまま湯せん

②開封せずに、沸騰したお湯で15~25分間、湯せんしてください。ヤケドしないよう、ご注意ください。

③袋から取り出して焼き目をつける

③袋から取り出して、オーブンかオーブントースターで皮に焼き目が付くまで加熱してください。


『大水の焼鯛』ご購入に関するお問い合わせはこちらから

大水の焼鯛に関するお問い合わせは【フリーダイヤル】0120-56-0031 まで

月~金曜日 午前8:00~午後5:00

そのままでもアレンジしても 普段のおかずに美味しさプラス

普段のおかずに美味しさプラス

解凍した焼鯛を一度に食べきれないときや、普段のおかずとしてお召し上がりになってみてはいかがでしょうか。

鯛に多く含まれる「ナイアシン」は、不安や不眠などのストレス症状を緩和する働きがあります。体を作る「タンパク質」、血液をサラサラにする「不飽和脂肪酸」、塩分の排出を助ける「カリウム」等も豊富に含まれていますので、お祝い事だけではもったいない! 普段のお食事にも、是非大水の焼鯛をお召し上がりください。

焼鯛を使った鯛めしの作り方

洗米した米1合あたり、酒大さじ1杯、醤油大さじ1杯を入れて、炊飯器の目盛まで水を足した後大水の焼鯛ほぐし身をのせて炊飯してください。

炊き上がったら、さっくり混ぜて茶わんに盛り、ミツバやきざみ生姜をのせてお召し上がりください。

焼鯛アレンジメニューのご紹介

他にも、大水の焼鯛ほぐし身にひと手間加えるだけで、いつもの食卓にひと味違ったメニューを添えられますよ。


①鯛のグリーンカレー

  1. 大水の焼鯛は皮をはいで身をほぐし、パプリカは細切り、ナスは乱切り、シメジは小房に分ける。
  2. 食用油で野菜を炒め、最後に鯛を入れて炒め、全部があたたまったら皿に取り出す。
  3. 市販のグリーンカレーペーストを食用油で炒めて、香りが出たら2を加えて炒める。
  4. ココナツミルク(なければ牛乳とハチミツ)を加えて分間煮る。

 

 

②鯛のオリーブ油パスタ

  1. 大水の焼鯛のほぐし身、ニンニク、唐辛子、オリーブ油大さじ2を入れて弱火で加熱する。
  2. 香りが出たらホウレン草を入れて、さっと混ぜたら火からおろす。
  3. 細目のスパゲティを茹でる。
  4. 水気をよく切ったスパゲティを2と混ぜて盛り付ける。

 

 


③鯛と里芋の和風ポテサラ

  1. 大水の焼鯛は皮をはいで身をほぐす。
  2. 里芋は皮のまま熱湯で茹でて、茹で上がったら皮をむき塩コショウして粗くつぶす。
  3. たくあんを2cm程度の長さで千切りにする。
  4. 1~3をよく混ぜて皿に盛り付ける。ワケギや万能ネギを小口切りにしてのせる。

④鯛と菜の花の酢物

  1. 大水の焼鯛は皮をはいで身をほぐす。
  2. 菜の花は茹でて水気を切り、3cmの長さに切る。キュウリは薄い輪切りにする。
  3. なめこは軽く水洗いし、熱湯に素早くくぐらせたら湯切りする。
  4. だし醤油と酢を混ぜて、1~3とよく混ぜて皿に盛り付ける。きざみ生姜をのせる。

『大水の焼鯛』ご購入に関するお問い合わせはこちらから

大水の焼鯛に関するお問い合わせは【フリーダイヤル】0120-56-0031 まで

月~金曜日 午前8:00~午後5:00

大水の焼鯛(真空鯛)に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ
焼鯛(真空鯛)3L
調理例
調理例

セット内容:真空鯛1尾、飾りセット(松竹梅飾り・尾紙・敷紙・お召し上がり方のしおり・祝い箸)、特製化粧箱。

飾りセット

税抜き価格:1,400

この他に消費税、送料、冷凍配達オプション料金がかかります。

大水の焼鯛に関するお問い合わせは【フリーダイヤル】0120-56-0031 まで

月~金曜日 午前8:00~午後5:00


株式会社  大水 おおすい

【本社】
〒960-0211
福島県福島市飯坂町湯野字大水口10-1
TEL:024-542-5427
FAX:024-542-0560
【受付時間】平日8:00~17:00

【お車でおこしのお客様へ】
本社と工場の間の道路を、北側に曲がってすぐ右手の倉庫前に無料駐車場がございます。区画のない場所にも駐車可能です。本社入口は399号線に面しています。